遺言書の相談は誰にすべき?

 遺言書の相談をする場合、誰にすべきかというのは非常に重要な部分です。せっかく作成した遺言書が無効になってしまうケースは実際にありますので、まずは問題がなく有効な遺言書を作成できる人に相談すべきという点が大事です。
 遺言書に何を記載するか、どのような遺産を残しておくか、お一人では決められないこともあります。この場合、利害関係者となる身内への相談はなるべく避けた方が良いでしょう。そこから話が漏れ、自分にはどれくらい相続されるのかなど質問や不満をされるなど、面倒なことになりがちです。そのため、相続人以外の人、できればきちんと有効な遺言書を作成するために法律の専門家に相談をするのが良いでしょう。

弁護士に相談する場合

 より確実な相談相手として弁護士がいます。弁護士は法律のプロであり、幅広い法律知識を総合的に有するため、遺言書を作成することで起こる可能性があるトラブルなどを未然に察知し、ブロック・予防することができます。例えば、遺言書で遺留分を考慮していない場合、後になって法定相続人などが不満を述べ、裁判に発展してしまうなど相続人の間でもめてしまう恐れがあります。これを避けるため、遺言書を作成する段階で起こりうるトラブルも考慮をして遺言書を作成しておくことが大事であり、弁護士であれば、そのあたりのこともしっかりと把握しておりますので、のちのトラブルを避けることができます。確実安心な相談相手と言えます。

司法書士に相談する場合

 一方、不動産の相続を考えている場合には司法書士に相談するという選択をする人もいます。不動産を特定して、きちんと遺言書に書き込む際には、それなりの時間、手間がかかります。そのため、司法書士に任せ、そのあたりのことを専門家としてきちんとして記載するアドバイスをしてくれれば、後でトラブルになる可能性を下げることができます。費用面でも弁護士よりはある程度低くなる場合もあるため、費用を気にされる方にも司法書士は良い相談相手となってくれるでしょう。

行政書士に相談する場合

 行政書士に相談をする場合は、費用の安さ、気軽さというのがメリットです。行政書士は街の法律家とも呼ばれ、あなたの街で気軽で身近な相談相手となってくれます。弁護士に比べて報酬が安い場合もあり、気軽にかつ比較的安価に遺言書の相談ができます。

遺言書を相談する相手の選択基準

 遺言書の相談をする相手を誰にするか決める際は、結局、信頼できる人に相談することが大事です。どのようなスタンスで遺言者の話を聞いて、遺言者の意図や気持ちをきちんとくんでくれるかが問われることになるのではないでしょうか。